星空の猫がFXの比較情報を真面目にお伝えします。

FX比較ガイド@星空の猫

星空と猫が好きな管理人ほしねこのFX比較情報サイトです。投資の損失で星屑にならないための鉄則をお伝えします。

FXで勝つには「自分の決めたルールを守る事」が鉄則!

読了までの目安時間:約 5分
暴落に驚き

FXで私の全然利益が出せなかった頃の事を振り返ってみて、何が原因だったのか?という事を、一言で表すとすれば、

自分の決めたルールを守ることができなかった事

この一言に尽きるかと思います。

これはFX投資だけに入れることではありませんが、ある程度運の要素も関係している、ギャンブル的なものに向き合うときには、この自ら決めたルールを必ず守ること!というのが、とにかく絶対に大事になってきます。

管理人の私は、一時期パチンコで生活をしていた事があります。

その時代は、いわゆる、技術介入という要素があり、冷静に立ち回りりができるのであれば、一般サラリーマンぐらいの収入を稼ぐ事は全然余裕!という時代でした。

このような感じで、今から考えるとありえないぐらい美味しい時期だったわけですが、そんな中でも、やはり始めたばかりの頃は、勝ったり負けたりで、トントンぐらいでした。

お金と計算機

ですが、ある意味その時期はそれ以外に収入がなかったので、これはパチンコと言えども真剣に向き合うはなければいけない!と考えるようになって、そこから日記を付けたり、自分自身の日々の行動について注意をするようになりました。

そこからは、その世界で生活をしていた一年半、一度も単月でマイナスになる事はありませんでした。

結局のところ、ギャンブルのような場面においても、何らかの優位性がある!という事を判断してそこに立ち向かう場合、その持っている情報が正しいとすれば、勝利する確率というのは、少なくとも50%以上の、勝利する方に傾いている状態で参加できるわけです。

こういった、自分にとって条件の良い確率での勝負を、何百回というレベルでやっていけば、最終的には、確率論で必ずプラスになります。

ですが、自分にとって有利な条件の中にあっても、結局のところは、その有利な条件のメリットを得るために、感情を捨ててその行動に徹すること!が必須となります。

例えば、勝率60%で、かけたお金が2倍になって返ってくる…というものがあるとすれば、冷静に、ただひたすら同じ金額を、かけ続ければ良いわけですよね。

ですが、パチンコでもFXでも、自分のその時の感情にあやつられて、

 
「この場面は、もっといけるはずだ!もっと突っ込んであろう。」

 
「なんでど素人みたいなあいつが大勝して、俺が負けてるんだ…納得できない!これはひと勝負してやろう!」

みたいな行動に出てしまうことはすごく多くあり、結局のところ、

さんざん情報収集をして、経済ニュースや投資の書籍などから長期でのファンダメンタルズなんかを読み取ったりしても、その予想に基づいた行動が日々全くできていなければ、そこに勝利の理由など何もない!という事になります。

これは、投資という世界、ギャンブルという世界の中では、本当に重要な事です。

投資やギャンブルにおいて、楽しいと感じたり、興奮したりという事を感じるのは、自分が思っていた以上に儲かった、やったラッキー!みたいな場面で感じる感情ですよね。

結局のところそういった感情ばかりを日々感じていたり、楽しみたいと思っているという事は、全く、予想外の事ばかりを期待していて、冷静な判断で投資をしていないという事になります。

ロシアンルーレット

こういった感情にあやつられてFXをして入れば、途中まではうまくいっていても、いずれ必ず全てを失う時がやってきます。

FXでずっと稼ぎたいと思うのなら「銀行預金よりは金利が少々マシぐらいの地道な投資だね。」というぐらいの気持ちにして、日々の取引にて、心が興奮しないように調整するようにしていきましょう。

これができない限り、数年間にわたってFXで利益を出し続けるという事は、絶対に出来ません。

円相場が乱高下しているときに損をしないためのマインド

読了までの目安時間:約 5分
乱高下のチャート

円相場が乱高下している時というのは、毎日のように、2円や3円の変動する事は全く珍しいことではなく、1週間ぐらいで、10円ぐらい動いてしまう事もあります。

このような急激な円相場の変動があった時に、FX投資をしている人間として考えてしまう事が、

このチャンスに、一気に資産を増やしたい!

ということですね。

私もFXの初心者だった頃には、このような気持ちがかなり強くて、どちらかというと、ボックス相場と呼ばれる平坦な状態よりも、このように荒れている状態の方が好きで、こういった時にばかり投資をしていました。

一時期は、こういった投資をやって、それなりに利益をあげられた時期もありましたけど、それらを振り返ってみて、トータルで考えると、損失になっているケースの方が圧倒的に多いという結果でした。

こういった乱高下の時に、FX投資の初心者が負けやすいその理由というのはすごく簡単で、

投資をするマインドではなくて、ギャンブルをする気持ちになっている。

というところですね。

別のページでも話をしていましたが、投資をギャンブルだと思ってしまうと、そこに求めるのは興奮という事になってしまって、合理的な思考が一気になくなってしまいます。

例えば、普通の相場の時であれば、いろいろな判断をして、これからこの方向に動くだろうなあ…そうでなかった場合には、ここで損切りをしよう…など冷静に考えるものですが、乱高下をしている側では、このような考えがなくなってしまう事が多いです。

自分で、こちらの方に相場が傾くのではないか?と思っていて、大きなポジションを取っていたのが、見事にハズレ、逆方向にガクンと傾いたとすると、今度は頭の中が一気に切り替わって、

 
やっぱりこっちじゃなくて、こっちの方だったんだ!

という事で、気分につられて、反対の方向に大きなポジションを取ったりします。

こんなことをやっていて、勝てるはずがありませんよね。

今のインターネット時代では、こういった乱高下の相場があるときに、投資関係の商品やサービスを売っている会社からメールが届いて、うちの会社で提供していたサービスで、会員さんがこのぐらい利益が出た!たったの数時間で、数千万の利益が出た!

のような、派手な話を聞くことが多くなっていますから、これもまた判断送るわせる理由になっているかと思います。

結局のところ、こういったギャンブルの相場で、勝つ、負ける、というのは、本当に御次第のもので、運に任せて投資をしている以上、最終的に人間というのは、必ず負けるように出来ています。

この事に気付いて、

教える

乱高下の相場で一山当ててやる!なんてことを考えずに、波が収まるのを静観し、そこからまた行動を開始する。

というぐらい冷静な判断ができるようになって、始め投資で安定的にお金が増えていくようになります。

ですので、FXを始めた初心者ぐらいの頃に、乱高下の相場で大きな利益を出してしまうと、それはすごく大きな不幸の始まりとも言えるかもしれません。

ギャンブルの相場で、1度や2度を大きな利益をあげられたからといって、それが将来も続くことは絶対にありません。

冷静に考えて、乱高下の相場の際には、収まるのを待ってから行動する。と静かに心に決めるのが、最終的に勝利する投資家のマインドです。

FXで負けない方法「為替ニュース」を見ない事と決める

読了までの目安時間:約 7分
暴落に驚き

FX投資で、私が負けないために絶対にこれだけはしない!と決めていることがいくつかあります。

その中の1つで、自分の中でもこれはかなり重要だろうなと思うのが、

テレビのニュースや、経済ニュースから情報を得ようとしないこと。そもそも見ない事。

です。

 
え、投資というのは積極的な情報収集をして、緊急な情報が入ったときには、すぐに動けるような体制を整えておかなければいけないのに、ニュースを見ないとか、それって一体どういうことなの?

と思われるかもしれません。

私も昔はそのように考えていて、とにかく、FX投資の相場の動きに関わるような情報は、あらゆる場所で取り入れようと思って、1日中テレビをつけていたり、経済ニュースの流れているインターネットの情報を、別のディスプレイで常に眺めていたり…ということをやっていました。

乱高下のチャート

ですがこういった投資法半年ぐらい続けて、精神的にもかなり疲れてしまい、そして結果、こういったニュースに踊らされてその場でいろいろ考えてとった行動が、最終的には、ほとんど正しいものになっていないという事に気づかされました。

人間の感情というのは、何か衝撃的なニュースがあったときに、それを見て必ず興奮します。それが自分がお金をかけている、FX投資の世界に絡むものであれば、もう今すぐにパソコンを開いて、現在の値動きがどんな状態にあるのかということをチェックしたくなりますよね。

そしてこのような感じで、経済ニュースを聞いた後に、FXのチャートを見た後にとる行動と言えば、そのニュースに影響されて、こうなるのではないか?という仮説のもとに、追加でポジションを取ったり、決済したりということになります。

そのニュースが飛び込んでくる前は、全然そんな事は考えていなかったのに、このニュース1つで、これからの世の中が大きく変わってしまうので、今取引しなければ損になるのではないか?今取引をしなければ、大きな儲けを失ってしまうのではないか?という心理になるわけですね。

ですけどこれって、完全にニュースに踊らされているという結果に終わるんですね。

経済ニュースなんてFX業者が取引を煽るために流しているだけ

私はこのFX業界でのニュースというものについて、本当に腹立たしく思うのですが、例えば皆さんも思い当たると思いますが、

アメリカでの雇用が減っているという統計が出た。これからアメリカの経済が悪くなることが見込まれるので、ドル安になるだろう。多くの専門家がこのように見立てている。

FXニュースなんて信じるな!

というようなニュースが流れてきたとします。

これによって、なるほどこれからドル安になるんだから、そのポジションを取っておこうか…という行動を起こすのですが、その一時間後ぐらいにはもう、

良いニュース

アメリカの経済指標が悪かったとはいえ、すでに底打ち感があり、値戻りが予想される。

いうようなことを、また別の専門家がニュースで発言したりするわけですね。

そしてそのニュースを見て、実際のチャートの動きを見ていると、確かに言われているように、少し値段が戻しているから、この先もっと戻るのでは…今持っていたの決済して買い戻そう!

という動きになるわけですね。

そしてまたその1時間後には… (笑

なぜこうなった...という感じで、FXの経済ニュースというのは、必ず良い話と悪い話を、順番に投げ込むような感じになってきて、それを見ていると、とにかく何でもいいから取引をしなければならない気持ちになります。

これはFX業者の商売そのもので、とにかく、FXをしている人のいろんな感情を煽って、売ったり買ったりをとにかくたくさんやって欲しいというものです。

それには、その世界の専門家と呼ばれるような人間たちに、肯定的な意見として的な意見を、次々に発言させるということが、とても効果的です。

私はFX業者が流しているニュースというのは、こういう目的があるのだということに気づいてからは、もう一切見ることをしなくなりました。

ほんと、踊らされてる場合じゃない。ふざけんなよって。(自分に対してもです。)

このように、ニュース等一切気にしない!という行動するようになってからは、実際にFXでも勝てるようになってきて、手元にお金も残るようになっていきました。

ニュースを見ないメリット「ストレスが溜まらなくなる」

実際にお金が残るようになったこととは別に、1番大きなメリットとして感じたのは、ストレスがたまらないという事ですね。

的に、FXを始めて2年目ぐらいまでは、どんな投資方法をしていても、とにかく相場の上下が気になって、ストレスが溜まって仕方ありませんでした。

ですので、ロスカットになって口座のお金が全部なくなってしまったら、なんだかそれはそれでスッキリしたような気持ちになる(笑
という、なんとも微妙な投資を続けていました。

ストレスがなくなったことによって、FXというものに冷静に向き合うことができるようになり、それがさらに良い循環を生んでいくようになりました。

読書でFXに勝つ

このような感じで、自分の中で確かなルールを決めて、外から入ってくるニュースに踊らされる事はないようにしよう!と決めるだけで、ずいぶんFX投資も勝率が上がります。

家さんがとにかく、毎日FX投資をしながら、胃が痛い思いばかりしているいるようであれば、今現在の投資方法が間違っている可能性が高いです。

もし思い当たるところがある方は、ぜひ、このニュースを見ないというルールを取り入れてみてください。きっと良い結果になると思います!

投資を学ぶための書籍の選び方について

読了までの目安時間:約 3分
読書でFXに勝つ

投資や投資マインドを学ぶためのお勧めの書籍というのは、探せばアマゾンの中で色々と見つかります。それこそ、何百ページもあるすごく分厚い本もあったり、投資の格言のような50ページに満たない名言まとめのような本もあります。

あなたがどのようなFXの投資をするか?ということによって、その投資スタイルというのは大きく変わってきますので、どのような書籍を参考にするのか?という事は、それぞれ違ってくることになります。

そんな中でも、私は必ず読むべきだと思うのが、いわゆる投資の世界での、昔からずっと伝わってきているような、古典となるような書籍ですね。

古典書籍

これはFXの投資に限った話ではありませんが、何事も、古典というのは、昔から歴代受け継がれてきているもので、やはりそれにそれぞれの時代の人間が、何か感じるところがあったからこそ、今まで残っているものなわけです。

そこには、現代に合わせた、テクニック論や、小手先の技のようなものは見つからないかもしれませんが、でも、根底にあるような考え方については、すごくそこから学べることがあるかと思います。

FX投資で、これから自分がどのような投資をしていけば良いのかわからない…何度もチャレンジしたけど、最終的には必ずお金が減ってしまっている…という状態の方は、知識や方法論ではなくて、この辺のマインド面の方を一度しっかりと考えてみると良いかと思います。

投資関連の本というのは、現代では命にも等しいお金というものを、とんでもない金額で上下させる勝負の世界です。

お金とパソコン

こういった事を職業としている人間には、賛否両論あると思いますが、それでも人間が極限の状態の中で知恵を絞って、極限に追い詰められた精神状態の中から導き出した答えなどが、この投資の世界の書籍の中で見ることができます。

投資関連の古典の本というのは、投資を知るということだけではなくて、人生を知るということにも役立つことがかなりあると思いますので、皆さんも、古典の中からいくつか選んでみて、じっくりと読んでみるのが良いかと思います。

投資日記をつける事が大切 その重要性について

読了までの目安時間:約 5分
記録を取る大切さ

これはFX投資だけに言えることではありませんが、何か投資をするということになった場合には、自分の日々の行動について、日記をつけるという方法がとてもお勧めです。

これは私自身が、昔1年半位、パチンコのプロとして生活をしていたときに見つけた方法なのですが、

運の要素が大きいギャンブルの世界の中で、次の勝率はどうやって上げていくか?ということを考えるためには、自分がとった行動が正しかったのかどうか?ということを、常に反省することが必要になってきます。

例えば、同じように今日1万円勝った、3万円負けた…というような出来事があったとしても、

自分の決めたルールに基づいた行動によって、一万円勝ったのか3万円負けたのか?

ということが非常に重要です。

事前に、自分の中でどのような判定をすれば、そのパチンコの台が出るものかどうか?という判断基準を持っておいて、その判断基準に従って行動すれば、勝ち負けは二の次なのです。

たとえその日、5万円以上負けたとしても、自分の決めた方法論に従って、それが正しいことを確認しながら進めたのであれば、それは試行回数が増えればトータルでは勝利する確率論の話での勝利になってくるので、その行動は正しい行動といえます。

逆に、5万円以上買ったとしても、その日の気分で、その時の感情で、いくつもの内を移動して、最終的に幸運が味方して勝利した…というのは、何の根拠もなく、何も考えずにパチンコをしている人、全く変わりません。

麻雀画像

その行動には何の勝利の根拠もなく、もしそんな方法でずっと勝ち続けられる人がいるのであれば、パチンコ屋というのは、全てつぶれてしまうことになります。

普通であれば、最終的にはパチンコ屋が勝っている…という確率論の話で考えてみても、長い目で見ればどちらが勝つかわかっている…という事は、ここで明白になりますよね。

確率論に則って、勝利の法則を続けている方が、最終的には勝つことになるのです。

投資もギャンブルも「興奮したら負け」

その勝利の法則を続けられているかどうか?ということを判断するために、

自分のその日の行動が正しかったかどうか、どのような行動に出たときに、自分がどのような心理状態だったのか?ということを日記に残していくという事は、非常に価値のあることなのです。

結局のところ、パチンコやFX投資のような、短時間で大きなお金が動く可能性があるものは、人間は必ず興奮します。

トランプ女性

興奮するという事は、そこにすべて理性で判断することができない状態になるということであり、その状態になったときにどのように行動するのか?ということが、勝利と敗北を分ける大きな理由になります。

自分という物を客観視して、興奮せずに、淡々と業務をこなしていくような気持ちで、パチンコもFX投資もするべきなのです。

どのようなギャンブルや投資にしても、自分がそれを楽しんでいる気持ちがあり、ドキドキワクワクが止められないという状態になっているとすれば、

それは完全に死神に心臓を握られていて、いずれ必ずやられることになります。

このように考えて、自分の日々の感情や行動を冷静に判断するために、投資日記をつけることを、強くお勧めします。

FX投資に使うお金は絶対に生活費であってはいけない

読了までの目安時間:約 5分
お金と計算機

FX投資をこれから初める人が考えておかなければならない重要ポイントはいくつかありますが、その中でも私が特に重要だと考えるのはこれです。

「FX投資に使うお金は、絶対に生活費に影響が出るレベルのものであってはいけない」

という事です。

これにはいくつか理由がありますので、ひとつひとつ説明していきます。

これってすごく重要な事ですので、みなさんがもし、

 
よし、お金がないからFXで一山当てる勝負に出てやる!!

なんてお考えだったとしたら、必ずこれを読んで心を改めてください。

FXを生活費でやってはいけない理由1.メンタル管理が極端に困難になる

それではまずひとつ目の理由ですね。

FXに生活費として影響が出るレベルのお金を使っているとすれば、それは当然ですが、心はヒリヒリ、毎日ドキドキしながら、チャートの上下を見る生活になってしまいます。

このような神経がヒリヒリした事が続くと、上がっているときにはまだ良いのですが、下がり気味になってきた、暴落した、などになったときは、もはや気がきではない精神状態になります。

投資で家族関係が悪くなる事も

それもそのはず、なんせ生活にかかるお金をぶち込んで勝負しているわけですから、その勝負に負けたら退路がないという事なのです。退路がないとわかっているから、それが失われたときにやってくる不幸な未来が、かなりリアリティをもって頭の中にイメージできる状態にあるわけです。

このような状態になっているときに、投資の取引はもう絶対に冷静な判断を下す事はできません。

生活費を全て失うような危機に陥っていたとしても、その損害を半分程度で損切りしてリスクを受け入れよう...なんていう殊勝な心は絶対に出てきません。

ただただ思考停止で、ロスカットにかかるか、奇跡の復活を祈るだけです。

うん、完全にギャンブルですよね。それなら競馬でも行った方が話が早くて良かったですよね。

これじゃFXは絶対に勝てません。

FXを生活費でやってはいけない理由2.一度の敗北で生活がおかしくなる

投資というのは「勝敗は兵家の常」と思っておいて、何度小さく負けようが、トータルでの勝利をする事を目指すものです。

ですので、一度の敗北で、もう投資の世界から退場しなければならないような勝負に出る事は、本当に恐ろしいくらいのリスクがあるものです。

普通は仕事であっても、なんらかのスポーツ等で上を目指すにしても、何度も何度も失敗しながら、少しずつ向上していくものですよね。

これが世の中での成長の当たり前であるのに、いきなり一発目の勝負から、それを失ったらもう相場の世界から退場しなければならないような勝負をする事は、将来、自分が勝てる投資家になれるチャンスすら放棄するようなものです。

ロシアンルーレット

ですので、そのお金を失ったときにも、

    • 少ない金額ならまた用意できるので、それでリスタートする
    • また少し貯めればFXに戻ってこれられる、

という退路がある状態にあるのが望ましいです。

これは消極的な考え方でも何でもなく、当たり前のように「勝敗は兵家の常」と考えた場合の、ごく普通の行動なんです。

これを理解せず、一発目から全財産を突っ込むような一撃必殺のプランでFX投資をする事は、そもそも完全に間違っているのです。

...以上、投資に使うお金が、絶対に生活にからむ虎の子のお金であってはいけない事の理由についてお話しました。

あなたが投資経験が少なければ少ないほど、このあたりの本当の恐ろしさはなかなか見えないところかと思いますが、先にそういう経験をした先輩からの、これは本当に重要な贈る言葉です。

ぜひ、これからの投資で負けないために心に持っておいてください。

FX投資はギャンブルだと認識する事

読了までの目安時間:約 5分
トランプ女性

FX投資というものは、どこまでいってもギャンブルであるという事を、みなさんは認識されているでしょうか?

 
いやいや、FXの投資というのは、世の中の経済と密接に関わっているものであるから、ちゃんと世の中の経済の動きが見えていれば為替の変動も予想できるから、決して投資というものはギャンブルではないんだよ!

という主張される方も多いかもしれません。

ですがそれは、投資の世界で何の問題もなく10年以上ずっと稼ぎ続けているようなレベルの人でなければ、ほとんどそういうことは言えないかと思います。

初心者のFXの書籍などを見ていても、世の中の経済の事をしっかりと学んでいれば、先行きも見えるから、とにかく情報収集をする事が大事だ!というような事が言われているかと思います。

これは確かに、客観的に考えてみても否定する理由はなく、将来の為替の相場や、それぞれの通貨の国の経済がどのようになっていくのか?という事がしっかりと理解できていれば、有利に働くことは間違いありません。

ですが、それでも私は、FX投資をするという事は、絶対にギャンブルであるという認識を持っておく必要があると思っています。

少なくとも、片手までFX投資をする一般人の人間としては、絶対にそのように考えておくべきかと思います。

FXを株や競馬より崇高なものだと思わない事

基本的に大きなお金が動いて、それを行うことによって、心の高揚が激しいものというのは、これはもうギャンブル以外の何ものでもありません。

例えば、とある国のこれからの経済がすごく良くなりそうなので、この国の通貨をたくさん購入しておいて、値上がりするのを待とう!という、経済指標の分析からの行動があるとします。

円相場

ですが、実際の相場というのはこれに比例した動きを必ずするわけではなく、また、

最終的にそのような予想通りの結果になるとしても、途中では何度も大暴落があったり、またその将来の経済の見通しが全然違った予想になってしまう時期などもあったりするわけです。

そのような事になってくると、そこまで計画していた戦略などは簡単に変更を余儀なくされるものになってしまって、さあ今持っているポジションをどうしようか…?という事で、心が右往左往して、無戦略の取引をしてしまうわけです。

基本的に、ウォーレン・バフェットのような気持ちで、この通過を何十年も持ち続ける!というような気持ちで外国為替証拠金取引をしている人というのは、ほとんどいないのではないかと思います。

そのように割り切って考えると、これはもう長期での見通しがどうのというよりも、今目の前にある事の勝負にこだわることが、すごく重要だという事もわかると思います。

そして、目の前の短い期間での勝負であるとすれば、当然ですが、1円や2円の上下などは毎日のようにある事ですので、その中で勝つか負けるか?という事を考えていくのは、これはギャンブル以外の何ものでもありません。

麻雀画像

株式投資やFX投資をしている事が、パチンコや競馬をしている事よりも、崇高な気持ちになってしまっていると、それは結構問題だと思います。

私も一時期、FX投資の世界に入ってきたばかりの時には、そのような気持ちであった事もありますが、何度もいろいろな経験をするうちに、

そんな上から目線の間違ったものの考え方をしていては、いつまでも負け組のままに終わる…という事に気付きました。

皆さんもFXの投資をするときには、毎日のようにたった数円の動きで、何万円から何十万円、を聞けば何百万円何千万のお金が動くような世界にいるという事は、これはギャンブルの中に身を置いている以外の何ものでもないという認識を、必ず持っておきましょう。

カジノ画像

FX相場のチャートの動きは猫の気まぐれみたいものと考えておく事

読了までの目安時間:約 5分
7

これはトップページの方でも少しお話をしましたが、FX相場や株式の相場なの、基本的に相場に関わるもの全て、その動きというものは、私たちが予想している通りには、絶対に動いてくれません。

まさに、猫の気まぐれみたいなモンです(笑)

ごく短い期間の中であれば、自分の立てているよその通りにチャートが動いてくれて…という事もあるかもしれませんが、

どんなに賢い人間であったとしても、ずっとそれを必ず当てていくという事は絶対に不可能です。

乱高下のチャート

どちらかと言えば、そのように自分の読みが当たり前のように成功するパターンの方が少ないぐらいで、まさに、FXの相場や株式の相場などは、猫の気まぐれのような感じで、予想とは全然違う行動するものだと思っておく必要があります。

FXの投資などを始めた時には、自分自身に経済の知識や、投資の知識が身について、常に確率の高い方に動く事ができれば、それで利益が出る!と思ってしまうものですが、実はこのような思考の状態にあるときには、なかなか安定して利益を出していく事はできないです。

それというのもやはり、

相場というものは自分の予想している通りには全然動いてくれない

からですね。

このような動きをするのが当たり前だという事を認識した上で、戦略設計をしていくという事が、FX投資で生き残るためにとても重要な事です。

自分の中に新しい知識や、経済の知識をインストールする事によって、負けない投資ができるようになる…という方向性でものを考えていては、負ける確率の方が大きいというのが、私の過去の体験です。もちろん、ウォーレン・バフェットのように、長期投資で考えるのであれば、こういった考え方も良いかもしれませんが、今のスマートフォンでサクサク取引するようなFXの環境の中では、このレベルまで考えて成功できるというのは、かなり難しいことじゃないかと思います。

アプリに困った

相場は自分の思い通りにならないと知った上で戦略を立てる

相場というのは、猫の気まぐれのような動きをするものだと考えた上で、どのような動きになった時に、自分がどのような行動するのか?という事をはっきりさせておいて、自分が想定していなかった方向にチャートが動いてしまった時には、ある一定のラインを超えたら、機械的に損切りをするという事がとても大切です。

例えば「あと2円下がったら決済しよう」という損切りの決断をしていたとしても、その2円下がった時に、間違いなく機械的にその損切りを実行できるか?というと、それは人間心理としてかなり微妙なところです。
 
もしかしたら、今の大暴落の後だから、あと30分ぐらい待って入れば、50ポイントぐらいは元に戻るんじゃないか?もう少し待ってみようか…?

というような心理になるのが、だいたい人間心理です。

そのような事をしているうちに、そのポジションを取った時の戦略などはもう頭の中に全然なく、その乱高下している環境の中で、為替ニュースなどに踊らされて、売買を繰り返し、終わってみれば何で自分はこんな事をしてしまったんだろう…というような目も当てられないような損失になるものです。

このような感じで、相場という猫の気まぐれのような動きをするものを相手にする際には、自分の感情で判断するのではなく、機械的に判断をする仕組みにしておくのが、最も賢い方法です。

ポジションを取った時には、必ず損切りの設定も同時に入れるようにしましょう。その損切りの設定ができていないようなイメージの中では、ポジションを取ってはいけません。

FX比較ガイド管理人くろにゃんこ

kuronyanko

黒猫と星空とFXを愛するアラフォー管理人。2008年頃にスワップに興味を持ってFXの世界に入り、紆余曲折ありながらも今まで投資の世界に残っている。初心者がFX・投資で失敗しないための情報をお伝えしています。
カテゴリー
FX比較ガイド@星空の猫 最新投稿