FX相場のチャートの動きは猫の気まぐれみたいもの

FX比較ガイド@星空の猫

星空と猫が好きな管理人ほしねこのFX比較情報サイトです。投資の損失で星屑にならないための鉄則をお伝えします。

FX相場のチャートの動きは猫の気まぐれみたいものと考えておく事

読了までの目安時間:約 5分
7

これはトップページの方でも少しお話をしましたが、FX相場や株式の相場なの、基本的に相場に関わるもの全て、その動きというものは、私たちが予想している通りには、絶対に動いてくれません。

まさに、猫の気まぐれみたいなモンです(笑)

ごく短い期間の中であれば、自分の立てているよその通りにチャートが動いてくれて…という事もあるかもしれませんが、

どんなに賢い人間であったとしても、ずっとそれを必ず当てていくという事は絶対に不可能です。

乱高下のチャート

どちらかと言えば、そのように自分の読みが当たり前のように成功するパターンの方が少ないぐらいで、まさに、FXの相場や株式の相場などは、猫の気まぐれのような感じで、予想とは全然違う行動するものだと思っておく必要があります。

FXの投資などを始めた時には、自分自身に経済の知識や、投資の知識が身について、常に確率の高い方に動く事ができれば、それで利益が出る!と思ってしまうものですが、実はこのような思考の状態にあるときには、なかなか安定して利益を出していく事はできないです。

それというのもやはり、

相場というものは自分の予想している通りには全然動いてくれない

からですね。

このような動きをするのが当たり前だという事を認識した上で、戦略設計をしていくという事が、FX投資で生き残るためにとても重要な事です。

自分の中に新しい知識や、経済の知識をインストールする事によって、負けない投資ができるようになる…という方向性でものを考えていては、負ける確率の方が大きいというのが、私の過去の体験です。もちろん、ウォーレン・バフェットのように、長期投資で考えるのであれば、こういった考え方も良いかもしれませんが、今のスマートフォンでサクサク取引するようなFXの環境の中では、このレベルまで考えて成功できるというのは、かなり難しいことじゃないかと思います。

アプリに困った

相場は自分の思い通りにならないと知った上で戦略を立てる

相場というのは、猫の気まぐれのような動きをするものだと考えた上で、どのような動きになった時に、自分がどのような行動するのか?という事をはっきりさせておいて、自分が想定していなかった方向にチャートが動いてしまった時には、ある一定のラインを超えたら、機械的に損切りをするという事がとても大切です。

例えば「あと2円下がったら決済しよう」という損切りの決断をしていたとしても、その2円下がった時に、間違いなく機械的にその損切りを実行できるか?というと、それは人間心理としてかなり微妙なところです。
 
もしかしたら、今の大暴落の後だから、あと30分ぐらい待って入れば、50ポイントぐらいは元に戻るんじゃないか?もう少し待ってみようか…?

というような心理になるのが、だいたい人間心理です。

そのような事をしているうちに、そのポジションを取った時の戦略などはもう頭の中に全然なく、その乱高下している環境の中で、為替ニュースなどに踊らされて、売買を繰り返し、終わってみれば何で自分はこんな事をしてしまったんだろう…というような目も当てられないような損失になるものです。

このような感じで、相場という猫の気まぐれのような動きをするものを相手にする際には、自分の感情で判断するのではなく、機械的に判断をする仕組みにしておくのが、最も賢い方法です。

ポジションを取った時には、必ず損切りの設定も同時に入れるようにしましょう。その損切りの設定ができていないようなイメージの中では、ポジションを取ってはいけません。

 

この記事に関連する記事一覧

FX比較ガイド管理人くろにゃんこ

kuronyanko

黒猫と星空とFXを愛するアラフォー管理人。2008年頃にスワップに興味を持ってFXの世界に入り、紆余曲折ありながらも今まで投資の世界に残っている。初心者がFX・投資で失敗しないための情報をお伝えしています。
カテゴリー
FX比較ガイド@星空の猫 最新投稿