FXで経済指標に合わせたスキャルピングのお話

FX比較ガイド@星空の猫

星空と猫が好きな管理人ほしねこのFX比較情報サイトです。投資の損失で星屑にならないための鉄則をお伝えします。

FXで経済指標に合わせたスキャルピングについて

読了までの目安時間:約 8分
乱高下のチャート

こんにちは!星空と猫とFXが好きな管理人、くろにゃんこです(ΦωΦ)

FXの投資にはいろいろなやり方があり、長期のトレンドフォローで取り組む人もいれば、中期のスイングトレードをする人もいれば、または、極端に、数秒単位でのスキャルピングで稼ぐ投資スタイルの人もいます。

私も、このFXの世界に入ってからは、自分がどのタイプの稼ぎ方に一番合っているか?という事をいろいろと考えて、とりあえず、ひととおり経験はしてみました。

どれも、人それぞれの性格や、手持ちの資金、FXをする事が専業であるかどうか?という事によって違ってくるかと思いますが、初心者の方の選び方の参考のために、私がこれまで経験したFXの投資方法について、お話をしてみたいと思います。

今回は、

FXで経済指標に合わせたスキャルピング

について。

FXで経済指標に合わせたスキャルピングとは?

この方法というのは、例えば、

アメリカの雇用統計などの重要な経済指標が発表されたタイミングで、為替相場が上下に乱高下するのを利用して、数秒間の間にその流れに乗って、エントリーして、利益が出たらすぐにエグジットする

というやり方ですね。

良いニュース

事前に予想されている経済指標の統計などから、実際に発表された数字が大きく離れている場合、そこまでに予想されていた経済の期待値が、期待以上、期待以下という事になり、それによって、外貨が急激に売られたり買われたりする事を利用するものですね。

この投資方法でのメリット・デメリットはそれぞれ下記のようなものがあります。

経済指標スキャルピング投資のメリット

・ほんの数秒で大きな利益を上げられる
・この年スタイルだけならほとんど時間がかからないので、FXに私生活を奪われない

経済指標スキャルピング投資のデメリット

・ほんの数秒で大きな損失を被る可能性もある
・大きな経済指標がない時には投資のチャンスがなく、投資が保留状態になる

また、難しい部分としては、

経済指標が大きくプラスの発表になったとしても、為替も実際にプラスの方に動く保証はない

という事です。

こういった場合FXニュースでは、すでに為替の中には、こういった要素も予想されていて、思ったほどのインパクトはなかった…みたいな発表がされるパターンですね。

結局終わってみれば、こういう見解になってしまう事もありますので、経済指標の数字だけを見て乗っかったものの、思いっきり反対方向に振れていくという事もあります。

なのでニュース配信された数値だけを見れば良いという甘いものではなく、やはりそこにはさまざまなイレギュラー要素と戦う必要があります。

実際管理人が経済指標スキャルピングをやってみて感じた事

私の友人で、この手法を使って、短期間で数百万円稼いでいた人がいたので、私もまずはお小遣い程度から…という気持ちで、この手法をやってみました。

お金とパソコン

結論としては、私が参入したタイミングのちょうどその頃から、FX業者が、こういった重要な経済指標の際に、スプレッドかなり広げることをするようになっていて、しかもスリッページもかなり理不尽に感じる事が多く、何度か取引して、勝ったり負けたりしているうちに、もはや優位性のある投資方法ではないな…と感じて、すぐにやめてしまいました。

美味しい思いは一切なく、参戦したときには、実質ほぼ終わっていたような状態でした...

もちろん、この手法で今でも稼いでいる人というのは存在しているのだろうとは思いますが、こういった手法が、インターネットの投資ブログや、FX投資関連の書籍に書かれていたような、美味しい状態では少なくともなくなっているかと思います。

仕事中にFX

基本的にFXの取引では、株式投資のように、売りたいのに売ることもできない…持っている間が完全に紙くずになってしまう…というレベルのリスクはありませんが、相場変動の大きいときのスプレッドの広がりとスリッページだけは、どうしようもありません。

私は納得できない理不尽な事を抱えながら投資をするという事が、そもそもストレスがたまって嫌だったので、この納得のいかない条件を受け入れながらやっていくスタイルが完全に自分に合わないと思い、これはこの先の人生でも一切やらないと決めました。

(自分に合わない投資方法をやらないと決める事も、すごく重要です。)

また、この投資方法においては、何も経済指標の発表直後の、数秒間の勝負だけというふうには考えず、その経済指標がきっかけで極端に動いた、その戻りに賭けて乗っかるという考え方もあるかと思います。

これについては、

冷静に、明らかに大きな偏りだと判断されるときのみ参戦するというルールを自分の中に決定すれば、優位性のある投資方法ではないか?と思います。

教える

結局のところ、いろいろな投資方法はあるながらも、やはり最終的には、自分が決めたルールを鉄壁に守ることができるか?という事が一番重要になってきます。

あとは、落ち着いた環境で投資ができるか?という事ですね。

日中普通のサラリーマンのような仕事をしている人が、頻繁にスマートフォンで値動きをチェックしなければいけないよな投資方法では、仕事も当初もおろそかになってしまい、両方にとって良いことがありません。

この、経済指標がきっかけでの大きな値動きに対して乗っかるスキャルピングの投資スタイルでやりたいと考えている方は、

・理不尽なスプレッドやスリッページの広がりにイライラしない落ち着いた心で向き合う事
・重要な経済指標の発表のある時間をきちんとリストアップして、スケジュール化する事
・思ったような経済指標の値動きがなかった場合には、無駄なアクションを起こさずにすぐにPCから離れる事

これができる事が鉄則かと思います。

みなさんのFX投資方法の選び方の参考の一つになれば幸いです。

 

この記事に関連する記事一覧

FX比較ガイド管理人くろにゃんこ

kuronyanko

黒猫と星空とFXを愛するアラフォー管理人。2008年頃にスワップに興味を持ってFXの世界に入り、紆余曲折ありながらも今まで投資の世界に残っている。初心者がFX・投資で失敗しないための情報をお伝えしています。
カテゴリー
FX比較ガイド@星空の猫 最新投稿